生産性を向上し、利益アップにつながる「5S」とは

5Sとは、整理(Seiri)、整頓(Seiton)、清掃(Seisou)、清潔(Seiketu)、躾(Situke)のことです。様々な業種でその重要性を知られている5Sですが、「本当に利益につながるのか?」と懐疑的な見方をしている方も少なくないことでしょう。そこで今回は、5S推進による具体的な効果をご紹介します。

 

 

5Sで得られる効果①「利益の増加」

利益の増加には売上の増加、変動費率の減少、固定費の削減、が必要ですが、5Sはこれら全てに機能します。

 

 

売上の増加

B to Bの場合、監査や試作立会など、顧客が現場に訪問する機会が多いため、5Sができているかそうでないで会社の信用力に差が出ます。実際、5Sを徹底したことで、工場見学者が増え、売上が増加した、という事例も少なくありません。B to Cでも同様で、ほとんどの顧客は厨房や倉庫が汚い店は利用したくないと思っています。現場を「営業の場」と捉え、5Sを徹底することが売上の増加に繋がります。

 

 

変動費比率の低下

変動費とは、材料費、外注費など、売上が増えるとそれに比例して増える費用項目を指します。5Sができている現場では、原材料の先入れ先出しができるため、材料が錆びたり賞味期限切れをすることがなくなることで、廃棄損や再購買が少なくなり、結果的に材料費比率が下がります。ある企業では、在庫があるはずの材料を見つけられず再購入することが多かったのが、5Sを徹底したことで、材料費比率が1.5%下がった、という事例があります。

 

 

固定費の削減(主に人件費と経費)

a.人件費

平均的なサラリーマンは、1年間に150時間モノを探すのに充てている、という調査結果があります。1日の労働時間を8時間とすると、1年間で約19日間、つまり、1年のうち1ヶ月はモノを探している、という計算になります。5Sによってモノを探す時間が減るため、生産性は上がりますが、それだけでは人件費の削減はできません。大事なことは、生産性が上がった後の業務に合わせて人員の調整をすること、です。多くの現場では、5Sを行っても人員調整を行わないため、効果が財務の数字に反映されないのです。

b.経費

5Sのできていない職場の特徴の一つに、必要以上に備品や工具を所有していること、があります。モノの定位置管理ができていれば、備品が見つからなくて再発注するという無駄な経費は削減されます。

 

 

 

5Sで得られる効果②〜貫く力〜

5Sは専門的な知識や資金、時間がなくても進めることができ、会社の大小に関係なく取り組める言い訳が効かない活動のため、愚直に継続して行うことが、強い企業の条件である「貫く力」の向上につながります。

 

 

 

 

5Sを進める前にやっておくべきこと

実は5Sを行う前にやるべきことが1つあります。これができていなければ、5Sを始めてもなかなかうまくいきません。それは、「職場のルールの見直し、徹底」です。なんだそんなことか、と思われたかもしれません。しかし、5Sは現状のやり方を変え、ルール化していく活動のため、ルールにルーズな現場では、いくら改善を行っても結局元に戻ってしまいます。

就業、朝礼、喫煙など、現在ある様々なルールが守られているかを再度確認し、できていなければ徹底します。文字にするのは簡単ですが、社長、管理職の覚悟と執着が試される、一筋縄ではいかない作業です。よく話し合い、会社の方針を伝えながら、根気強く進めていきましょう。

 

 

 

 

5Sの基本を押さえる

以下、5S各項目の定義とポイントです。

 

(1)とにかく捨てる「整理」

・いらないモノといるモノを分け、いらないモノを捨てる

・基準をつくり、機会的に捨てる

・今必要なモノだけを職場に残す

・棚を撤去するなど、物理的にモノが置けないようにする

 

(2)使いやすく置く「整頓」

・必要なモノが、いつでもすぐに取り出せるようにする

・3定(定品・定量・定位置)管理

・作業動線が短くなるようにモノを配置

・写真、色などを使って直感的にわかりやすく

 

(3)次の作業を準備する「清掃」

・職場をきれいな状態にして、いつでもすぐに仕事ができるようにする

・1つの作業が終わったらすぐに清掃できる

・責任範囲の明確化

・清掃状態を確認する仕組みづくり

 

(4)維持する「清潔」

・3S(整理、整頓、清掃)を維持する

・管理職が定期的にチェックする仕組み

・モノの増えすぎ、汚れなど、異常がわかる環境づくり

 

(5)習慣にする「しつけ」

・決められたルールを守るよう習慣化する

・経営者、管理職が関心を持つ

・現実的で運用可能なルール、規律の設定

・誤解なく、正しくルール、規範を伝える

 

 

基本的なことばかりですが、時間も資本もなく始められて、徹底すれば大きな効果の得られる5S。是非あなたの職場でも始めてみませんか。次回は5Sを促進するツールや進め方のポイントをお伝えします。

 

↓メルマガの登録は下記の登録ボックスからお願いいたします↓

 

経営改善の最前線を毎週お届けコンサルティング最前線

現場力を高めて利益を10%を上げる! 「リバウンドしない」5Sメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事