2S活動から見える職場のくせ

 私は、これまで2S活動支援も多く行ってきました。

2Sとは、5S(整理、整頓、清掃、清潔、しつけ)の中でも最も重要な整理、整頓のことです。

 

 支援のやり方は、会社ごとに仕組みを考えますが、2Sマラソンというやり方をすることが多くあります。

やり方は非常にシンプルで、次の3つのルールを守ればよいのです。

 

1つ目は、2Sの対象は問わず、何をやっても構わないことです。

2つ目は、半年で150件の2Sを実施する(1日、1件ペース)ことです。

3つ目は、2Sを行った際に既定のフォーマットで証拠を残すことです。

これを1年、2年と続けていくのです。

 

 2Sの進捗状況に注目すると、職場のくせが見えてきます。

現場のくせは、下表のようにスタートダッシュタイプ、宿題タイプ、コツコツタイプの3つのタイプに分かれます。

くせを把握した上で、支援していくと、成果も出やすくなります。

 

 

 

 

 

① スタートダッシュタイプ

 やる気満々でスタートダッシュをかけ、急激に件数が増えていきます。

しかし、ゴールが見えるとペースが落ち、半数くらいのチームが目標を達成できません。

職場も一時的には整うものの、状態が持続しません。
 このタイプの特徴は、一部の人がチームをひっぱるという構造になっている場合が多くみられます。

引っ張る人のモチベーションや業務の忙しさが、活動の進捗に大きく影響を与えます。

その場合、週替りリーダー制度など、全員がチームを引っ張る環境を作るようにしています。

 

 

 

② 宿題タイプ

夏休みの宿題のように、期限が近づいてくると急にピッチがあがり、目標を達成します。
このタイプは、リーダシップを発揮する人がいないことが多く、なかなか着手できません。

納期が近づいてくることが、きっかけとなり、全員で取り組むようになりますが、半数近くのチームが目標を達成しません。

このタイプも、職場の状態は持続せず、継続的な改善には向きません。
この場合、担当するエリアを決めるなど、役割分担を明確にするようにしています。

 

 

 

③ コツコツタイプ

日々、一定のペースで、計画的に進めていくタイプです。

スタートダッシュタイプよりも常に件数は下回り、宿題タイプよりも上回り、あまり注目されない職場です。

しかし、このタイプが最も職場の状態が維持、持続されやすい傾向にありました。

目標達成率も9割位と高いものでした。継続的な改善に向くタイプです。

 

 

5s 職場のくせ

 

 

 

コンサルタントが現場で使っている5Sの道具集プレゼント

 

いま、メルマガにご登録いただくと、

「コンサルタントが現場で使っている5Sの道具集」をプレゼントいたします!

 

コンサルタントが実際に現場で使用している5Sの道具を
使い方とともに紹介しています。

今すぐ手に入れて、リバウンドしない現場作りに役立ててください!

 

↓メルマガの登録は下記の登録ボックスからお願いいたします↓

現場力を高めて利益を10%を上げる! 「リバウンドしない」5Sメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事