整理整頓ができない企業が 生産性を20%上げた理由

整理整頓ができない企業が生産性を20%上げた理由

 

整理、整頓が

できていない企業が、

1年間、2S、5Sを続けると、

たいだい20%くらいは

生産性が向上します。

 

 

 

 

次のグラフを参照ください。

このグラフは、

3社分の生産性を示しています。
 

 

ここでの生産性とは、

「限界利益÷投入時間」です。

 

 

 

最初の半年ぐらいは、

2S、5Sの時間により、

生産性は上がらないのですが、

 

半年を過ぎると大体、

生産性は上がってきます

 

ただし、生産性を上げるには

コツがあるのです。

 

 

 

5Sで見込める2つの効果とは?

5Sは職場をきれいにする

活動であると

勘違いしている方が多いです。

 

 

5Sには、

利益の増大組織力の強化

2つの効果があります。

 

 

1.利益の増大
 

 

利益は売上-費用で、

増加されるには

売上を上げるか、

費用を下げるかのいずれか

が必要です。

 

 

コツはありますが、

5Sを行うと、

費用は必ず下がります。

 

 

これはどの企業にも

共通することです。

 

売上が上がる企業も多いです。

 

 

2.組織の実行力向上

5Sができている企業は

実行力が向上します。

当たり前のことを

当たり前にできることは、

他のことについても、

しっかりと実行できるようになるのです。

 

 

 

コンサルタントが現場で使っている5Sの道具集プレゼント

 

いま、メルマガにご登録いただくと、

「コンサルタントが現場で使っている5Sの道具集」をプレゼントいたします!

 

コンサルタントが実際に現場で使用している5Sの道具を
使い方とともに紹介しています。

今すぐ手に入れて、リバウンドしない現場作りに役立ててください!

 

↓メルマガの登録は下記の登録ボックスからお願いいたします↓

現場力を高めて利益を10%を上げる! 「リバウンドしない」5Sメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事