経営戦略の本質に通じる営み

マネジメントの基本の一つとして、「5S」は広く知られています。

整理(Seiri)・整頓(Seiton)・清掃(Seisou)・清潔(Seiketsu)・躾(Shitsuke)。

それぞれのローマ字表記の頭文字がSであることから、「5S」と呼ばれます。

 

何を今さら、と言われそうですが、徹底されている企業は少ないように思います。

 

 

 

1.5Sの効果

「5Sって掃除のことでしょ?」で済ませてしまうのは、もったいない。

企業が儲けるためには欠かせない活動です。

5Sを極めて得られる効果は、P・Q・C・D・Sとしてまとめることができます。

 

 

 

 

2.基本は「整理」

「整理」とは、必要なモノと不要なモノを分け、不要なモノを廃棄することです。

 

 

言葉で言うのは簡単ですが、実行するのは難しい。

理由として次の2つを挙げることができます。

 

①廃棄すべきモノが自分のモノではない

 

廃棄するモノは自分のモノではありません。

不要品だと思って廃棄した後に、もしも必要になったら、責任を取らされるのでは……。

そう考えると、リスクを冒すことができません。

そこで、「(いつか)使う」と言い続け、いつまで経っても廃棄できないのです。

 

②モノであふれかえっても困らない

 

現場が不要物であふれかえっても、自分の家・部屋ではないので、困らないのです。

 

「整理」とは「捨てること」です。

組織の中で実行するのは非常に難しいのです。

 

 

3.経営戦略の本質は5S

では、何を捨てるべきなのか。

これは、まさしく、経営戦略の本質にかかわる、最も難しい問いといえます。

ここに5Sの奥深さがあります。

 

 

現場力を高めて利益を10%を上げる! 「リバウンドしない」5Sメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事