テイラーの開発した施策とは

テイラーが開発した施策を具体的に紹介します。

 

 

①課業管理(タスク管理)

課業管理はノルマの設定です。

公平な作業量となるよう、作業研究により、

作業量を設定しました。

作業の設定は1日で最も生産性が高まる量と

しました。

 

②作業研究

作業時間をストップウォッチではかり、

道具ややり方を研究して、無理なく、

最も生産性の高い作業のやり方を決め、

同時に分業化を進めました。

 

③指図票制度

指図票制度は、現代でいうマニュアルです。

標準化された作業を初心者のために作成しました。

これにより、初心者の生産性が大幅に上がりました。

当時、産業の拡大により若い未熟練工が増加していたので、

彼らの教育のため、指図票制度は必須だったのです。

 

④段階的賃金制度

段階的賃金制度は、ノルマを超えたら賃金が上がる仕組みです。

これにより、労働者のがんばりが評価できるようになり、

がんばれば報われる環境ができました。

本来ならば、これで労使がハッピーになるはずでしたが、

実際には、経営側が成果の分配をしなかったので、

労使の溝が深まりました。

 

⑤職能別組織

作業の分業を進めると、作業の計画を作成するなど、

管理する機能が必要となり、

計画を策定する部門と実行する部門を分け、

専門部署を設置しました。

 

このような5つの施策を行うことで、

生産性を大幅に高めることに成功しました。

 

この5つの施策は現代にも

有効な施策かもしれません。

 

上昇 矢印

現場力を高めて利益を10%を上げる! 「リバウンドしない」5Sメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事