改善提案のネタがなくなったときの対処法

 改善提案は、多くの企業が取り入れている制度で、提案数を個人別の目標としている企業も多くあります。

 様々な企業で改善提案制度を見てきましたが、早くて1年、長くても3年くらいすると提案数が減り、いつの間にか忘れ去られてしまう企業が多くあります。

 改善提案制度自体の問題もありますが、ネタ切れという意見も多く聞かれます。今回は、ネタ切れの対処方法をお伝えします。

 

 

 

1.パクる

 ネタがなくなったとき、最初にやるべきことは他部署や他社パクることです。他人の事例をマネて、自職場に横展開するのが一番早い方法です。

 パクるとうと、クライアントには「それは改善提案としてはどうか」と言われることが多くあります。しかし、社員がネタ切れで提案数が少なくなり、改善提案制度自体が衰退するのであれば、他人の事例をパクってでも生産性向上や業績向上につなげるほうが合理的だと思います。パクるためには、改善事例の共有や教育が必要となります

 

 

2.テーマを決める

 テーマを決めるとは、改善テーマを絞り込むということです。たとえば、今月は「表示」、来月は「動き」といった具合にテーマを決めることです。

 自由に考えるのと比較して、テーマを決めるとアイディアが出にくくなると思いがちですが、実は逆なのです。テーマを決めると、そのテーマに関すること目で追うようになり、様々なことに気づきます。そして、ひらめきが生まれるのです。

 

 

3.視点を変える

 視点を変えるとは、自分以外の視点で考えるということです。たとえば、新入社員の視点で仕事を見直すことです。熟練者の視点から見ると改善の余地はなくても、新入社員視点で見ると、間違えやすい点ややりにくい点などの改善点が見つかるのです。

 新入社員以外主な視点外国人や顧客などがあります。

 私のクライアントでも外国人の視点で表示や作業方法を見直したことで、品質が向上した例があります。日本人や熟練者にとっては当たり前でも、外国人から見ると当たり前ではないのです。

 

 

 

 

 

改善提案制度自体の問題は下記の記事から

      

https://gembaryoku.com/fix/5points/

 

現場力を高めて利益を10%を上げる! 「リバウンドしない」5Sメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事