名刺交換のマナー

無料動画講座

名刺交換のマナー①

 

 

名刺交換のマナー②

 

 

名刺交換の目的は「挨拶」です。名刺交換のマナーを覚えておけば、相手に良い印象を与えられる上、信頼を得ることができます。今回は、そんなビジネスの基本スキルである名刺交換の仕方を解説します。

 

 

 

 

名刺交換の目的は挨拶

名刺は、自分の所属を明らかにし、連絡先を交換、人脈を作るツールです。また名刺は、自分の「プレゼンテーション」ともいえるでしょう。名刺交換のマナーを守ることで、初めて相手に信頼してもらえる第一歩が踏み出せます。

 

さらに名刺は、会社の発行する正式な文書のひとつです。自分はもちろん、相手の名刺も大切に扱うことがマナーになります。

 

 

 

名刺交換の基本ステップ  

 

 

名刺を手元に用意しておく

名刺は「名刺入れ」に入れてすぐに出せる状況にします。

ポケットやお財布から直接出すのはNGです。

 

【NGとなる名刺】

・角が折れているもの

・シワになっているもの

・名刺自体が汚れているもの

 

上記のような名刺はNGです。常に綺麗な名刺だけが入っていることを確認しておきましょう。NGとなる名刺を相手に渡すのはマナー違反です。

 

 

 

名刺を渡す

続いて、名刺をどちらから渡すか、その順番について解説します。

名刺交換は、「目下から目上の方に渡す」のが基本です。

 

営業活動をする場合は、社会的地位や年齢ではなく、お願いされている側が目上となり、お願いしている側が目下となります。

 

他のケースでは、「地位が低い人から高い人へ」「訪問者から訪問先の方へ」といったように渡します。渡す際は、目下から目上の方に歩み寄って差し出しましょう。

 

・複数で名刺交換する場合

名刺交換は「一番偉い人から順番に行う」のがマナーです。例えば、こちらが「課長」「係長」「新人」の3人、相手が「部長」と「課長」の場合を解説します。

 

まずは、「こちらの課長と相手の部長」、続いて「こちらの係長と相手の部長」、最後に「こちらの新人と相手の部長」となります。あとは、「こちらの課長と相手の課長」のように続けていく形です。

 

・実際に渡す場合の注意事項

相手に名刺を渡す際は、相手に名刺の正面を向けて渡します。名刺は片手で持ち、もう片方で添えるようにして両手で渡しましょう。その際、名刺入れは名刺の下に座布団のようにして持ちます。

 

この時、テーブル越しに渡すのはNGです。基本的に立ち上がって相手との間に何もない状況で名刺交換を行います。名刺を渡す際は、略さずに社名・部署名・フルネームを名乗りましょう。

 

 

名刺を受け取る

名刺交換はマナーを守ることで信頼につながります。

名刺は渡す時だけではなく、受け取る際にもマナーがあります。

 

名刺を受け取る際は両手で受け取り、「頂戴いたします」と述べて受け取りましょう。この際、相手の会社のロゴや名前に指がかからないようにします。

 

名刺を受け取ったらまずは名刺を見るようにしましょう。そして、名刺を読み、読み方がわからない場合はここで尋ねてください。また話をしている際は、不必要に名刺を触らないようにし、見る際は胸より上の位置で見るようにします。

 

名刺を受け取る順番は「目上の人」からです。まずは、目下の人が渡し、目上の方から受け取っていきます。自分が目下の場合は、自分から差し出し、受け取ってください。必ず、受け取ってもらってから、相手の名刺を受け取るようにしましょう。

 

もし、目上の方から先に名刺を差し出された場合は、「申し遅れました」と一言添えて、すぐに名刺を差し出してください。この時も相手が自分の名刺を受け取ってから、相手の名刺を受け取りましょう。

 

・複数で名刺交換する場合

名刺を複数の人と交換する場合、まず名刺を受け取って、次の相手との名刺交換を始める前に、名刺入れの下に入れておきましょう。また名刺入れの上で複数の人の名刺を重ねないでください。加えて、受け取った名刺にメモなどを書き込むのはNGです。

 

名刺を同時に交換する場合、自分の胸の前で名刺入れの上に名刺を置く形にし、両手で名刺を持ちます。次に、自分の名刺を右手で差し出して、相手の名刺入れにのせるような形で渡してください。

 

相手も同じ形で渡してくれるので、相手の名刺は自分の左手で受け取りましょう。相手が左手でこちらの名刺を持ったのを確認したら、自分の空いた右手を頂いた名刺に添えます。

 

 

受け取った名刺の処置

最後に受け取った名刺の処置に関して解説します。

 

受け取った名刺はすぐに名刺入れに入れてはいけません。名刺交換後に着席したら、受け取った名刺は名刺入れの上にのせておき、椅子に座った後にテーブルの上にのせます。

 

名刺を置く場所は、自分から見て左斜め前に置きます。この時、テーブルに直接置かず、名刺入れの上にのせてください。

 

複数の人と交換した場合は、役職の高い方の名刺を名刺入れの上に置き、その他の名刺はテーブルの上に置いてください。名刺の並べ方は着席した座席順に置きます。また、大人数の場合は、全ての名刺をテーブルの上に並べてください。

 

もし、名刺を置くスペースがない場合は、軽く一礼してから名刺入れにしまいましょう。名刺をしまうタイミングは、そろそろ帰る時です。この際、全ての名刺を忘れないように名刺入れに入れてください。

 

 

 

 

まとめ

YouTubeの”カジコンチャンネル”にて、本記事とリンクした「ビジネスの基本スキル | 名刺交換のマナー①」と「ビジネスの基本スキル | 名刺交換のマナー②」を公開しています。

 

動画では、本記事の”名刺交換の基本ステップ①②”と”名刺交換の基本ステップ③④”を分けて、詳しく解説しているので、名刺交換のマナーをより深く知りたい方はぜひご覧ください。

 

冒頭での名刺交換は「挨拶」のひとつであり、自分と相手の信頼をつなげる第一歩となります。本記事で名刺交換のマナーを覚えておけば、相手に失礼なく、信頼関係を積み上げることが可能です。動画と合わせて本記事を参考に、恥のない名刺交換を行ってください。

 

現場力を高めて利益を10%を上げる! 「リバウンドしない」5Sメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事