中小企業でもできる!無料で効率的に新規顧客を獲得し、営業生産性を上げるGoogleマップ活用法

無料動画講座

営業効率を高める、売上を上げる!新規営業開拓のための顧客リストの作り方

 

営業効率を高める、売上を上げる!グーグルマイマップの作り方(手入力編)

 

 

今や無料の地図ツールとして知られている「Googleマップ」ですが、企業の生産性向上にも役に立つのをご存知でしょうか?今回は、あまり費用がかけられない中小企業でも、すぐに導入することができ、アイディア次第で経営にも有効なツールとなるGoogleマップの意外な活用法をご紹介します。

 

 

 

Googleマップとは

念の為ご説明しておきますと、Googleマップとは、インターネット検索大手Googleが提供しているサービスの一つで、インターネット上の地図のことです。

Googleマップを使うことで、行きたい場所までの時間や距離、その周辺の店を調べることができます。

 

たとえば、埼玉県川越市に出張する際は、Googleマップに行き先の住所を入力すれば、目的地までの行き方や時間を知ることができます。

 

また、昼食に現地でラーメンを食べたい場合、検索ウィンドウに「川越市␣ラーメン」(場所と食べたい料理の間にスペースを入れる)と入れれば、周辺のラーメン屋の一覧が出てくるため、初めての土地でも迷うことなくラーメン店にたどり着くことができます。

 

 

 

 

無料で効率的に新規の見込み客を探すGoogleマップで活用法

一般的に、営業活動は、「見込み客を見つける」→「アプローチする」→「商品・サービスを提案する」という流れが基本です。

 

新規顧客の探し方は、主に以下のような方法があります。

・顧客や取引先からの紹介

・ホームページからの問い合わせ待ち

・リスト販売業者からの営業リスト購入

・展示会への出店

 

顧客や取引先からの紹介は、受注率が高いというメリットがある一方、紹介を待つという受け身の姿勢のため、スピード感に欠け、新規顧客の獲得数に限界がある、というデメリットがあります。

 

また、ホームページからの問い合わせも、一般消費者を対象としたビジネスであれば、人とお金をかけたSEO対策(検索したときに上位に表示する対策)も一定の効果がありますが、法人を対象にしている場合はその効果は薄いでしょう。

営業リストの購入は、当然ですが費用がかかることがネックです。

 

しかしGoogleマップなら、見込み客リストを簡単に、しかも無料で作成することができるのです。やり方は、Googleマップの検索ウィンドウに、「アプローチしたい地域」と「業種名」を入れるだけ。

 

たとえば、埼玉県の鋳造メーカーにアプローチしたい場合は、検索ウィンドウに「埼玉県␣鋳造」と入力すれば、Googleマップに埼玉県の鋳造メーカーの一覧が出てきます。

 

 

それをエクセルなどでリスト化すれば、見込み客リストを作成することができます。

そのリストを元に、Webサイトなどでメールアドレスを調べ、営業メールを送ったり、住所宛てにダイレクトメールを送ったりすることで、見込み客に直接アプローチすることができます。

 

これらの作業は、営業担当者だけに任せるのではなく、リストの作成と営業メールの送信は事務部門が担当し、営業メールの送信先の選定とメールの文面作成は営業担当者が行うなど、作業を分担することで、効率的な新規顧客へのアプローチが可能になります。

 

ある企業では、このような取り組みを継続的に行った結果、月に2~3件の新規顧客の獲得につながっています。

月2〜3件というと、少ないと感じるかもしれません。しかし、無料で獲得したリストで数十万、数百万の受注につながる、と考えると、やらない手はないでしょう。

 

 

 

Googleマップで営業の生産性を2倍アップさせる方法

営業の生産性向上のカギは「移動時間の削減」です。

調査してみると、営業の勤務時間のうち、少ない企業で3割、多い企業になると8割もの時間を移動時間に費やしていました。

当然ですが、移動時間には何の利益もでないだけでなく、給料まで支払われています。「移動時間」をいかに「営業活動時間」にシフトすることができるか?が、生産性の向上につながるのです。

 

移動時間を減らすには、顧客とテレビ電話などで打ち合わせをするという方法がありますが、日本の商習慣ではなかなか浸透しづらいのが現実です。

そのため、事前に訪問計画を立案し、効率的に移動することが重要となります。

訪問計画を立てる際、Googleマップで移動を「見える化」することで、最短、最速ルートが明確となり、生産性の向上につながります。

 

具体的には、Googleマップの「マイマップ」という機能を使用します。「マイマップ」とは、自分のお気に入りの場所や経路、コメントなどを保存し、自分専用のオリジナル地図を作成する機能です。 

 

 

〈オリジナル地図の作成方法〉

①Googleマップを起動

②検索ボックス横のメニューアイコン(三のような印)をクリック→「マイプレイス」

③「マイマップ」→最下部にある「地図を作成」→訪問したい取引先を登録

 

 

訪問計画を立てる際、作成した「マイマップ」を見て、訪問が確定している顧客の周辺や、行き帰りの途中で訪問可能な顧客をリストアップします。そして、アポを取り、訪問計画を立案します。
このように効率的な訪問計画を立案することで、訪問件数を1.5~2倍に伸ばすことができるのです。

 

また、営業担当者を決める際も、このマップを活用することで、移動距離を考慮した顧客担当者を決めることができるため、生産性の向上につながります。

 

いかがでしたか?どれも無料ですぐにできることばかりですので、ぜひ取り入れてみてください。

現場力を高めて利益を10%を上げる! 「リバウンドしない」5Sメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事