挨拶のマナー

無料動画講座

挨拶のマナー

 

 

社会人にとって「挨拶」は何よりも重要です。挨拶のマナーを理解しておけば、相手に不快な思いをさせず、良い印象を与えられます。ただ、挨拶のマナーを熟知している方は意外にも少ないです。

 

そこで今回は、ビジネスの基本スキルである挨拶のマナーを学び、社会人の基本を身につけましょう。

 

 

 

 

印象の良い挨拶を行う5つのポイント

挨拶は、ただすれば良いものではありません。印象の良い挨拶には、いくつかのポイントが存在します。

 

 

・自然な表情で挨拶する

まずは「表情」です。挨拶をする際に暗い表情や固い表情だと、相手に良い印象を与えません。その場の状況にもよりますが、基本的に自然な笑顔で挨拶するように心がけましょう。

 

 

・相手に届く声で挨拶する

次は「声」です。挨拶は、相手に聞こえる大きさで、はっきりと発音します。この際、視線と体の方向を相手に向けることで、自然と届く声になります。

 

 

・積極的に挨拶する

次は「積極性」です。挨拶は、常に自分から行うように心がけましょう。相手の存在に気づいたら、自ら歩み寄り挨拶します。また挨拶は、目上の人にだけするものではありません。同僚や後輩、社外の方にも自ら歩み寄り挨拶してください。

 

 

・場所を考えて挨拶する

次は「場所」です。挨拶は、行う場所によって臨機応変に対応を変えましょう。

 

例えば廊下などで行う、すれ違いざまの挨拶は、一度立ち止まってからしてください。目上の上司に対して、歩きながらの挨拶は失礼に当たります。

 

階段などで行う場合は、相手の進行方向の妨げにならないよう、横に避けた上で、なるべく同じ目線を意識して挨拶してください。

 

 

・お辞儀を忘れずに挨拶する

最後に「お辞儀」です。挨拶の最後にはしっかりとお辞儀を行い、相手への敬意を表してください。

 

 

 

 

挨拶のお辞儀を使い分ける

挨拶の際、なんとなくお辞儀をしている方は多いはず。実は、挨拶のお辞儀には3つの種類が存在します。

 

 

・会釈(軽いお辞儀)

会釈は、廊下などで「人」とすれ違う際に使います。

背筋を伸ばしたまま、上体を「15度」くらい傾けましょう。

 

 

・敬礼(普通礼)

敬礼は、「上司」や「目上の人」、「取引先の人」とすれ違う際に使います。

背筋を伸ばしたまま、上体を「30〜35度」くらい傾けましょう。

 

 

・最敬礼(丁寧なお辞儀)

最敬礼は、「感謝」や「謝罪」など、改まった場面で使います。

背筋を伸ばしたまま、上体を深く折り曲げて「45度」くらい傾けましょう。

この際、真下よりやや前方に視線を落とすと、綺麗にお辞儀できます。

 

 

 

シチュエーション別!覚えておくと便利な挨拶の言葉

上記のように状況に応じて挨拶を使い分けると相手に良い印象を与えられます。今後は、意識して挨拶の言葉を使い分けましょう。

 

 

 

まとめ

YouTubeの”カジコンチャンネル”にて、本記事とリンクした「ビジネスの基本スキルl挨拶のマナー」を公開しています。動画内ではイラストを使って、より詳しく解説しているので、ぜひ記事とともにご覧ください。

 

今回は、ビジネスの基本スキル・挨拶のマナーについて解説しました。社会人にとって、挨拶のマナーは基本中の基本です。本記事を参考に、社会人として恥ずかしくないスキルを身につけましょう。

 

現場力を高めて利益を10%を上げる! 「リバウンドしない」5Sメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事