身だしなみのマナー

無料動画講座

身だしなみのマナー

 

身だしなみは社会人として当たり前のマナーです。身だしなみに気を配らないと、他人に不快感を与えてしまいます。そこで社会人として、マナー違反にならないよう、基本的な身だしなみのマナーを知っておきましょう。

 

 

 

 

1.身だしなみで重要なことは?

身だしなみで意識すべきは「清潔感」と「TPO」です。この2つを守っていれば、基本的に身だしなみのマナーは問題ないでしょう。

 

社会における身だしなみは、おしゃれとは異なります。自分の好きな服装やアクセサリー、髪型をすることが身だしなみではありません。おしゃれとは分けて考える必要があります。

 

企業の社風に関わらず、会社や公な場では身だしなみのマナーを守ることを心がけてください。

 

 

 

2.身だしなみで気を付けるべきポイント

ここでは、具体的な身だしなみのポイントを紹介します。各ポイントを理解した上で、身だしなみのマナーを意識していきましょう。

 

 

 

・ヘアスタイル

フケが付いてないか確認する

頭のフケはもちろん、肩や背中のフケは不潔感を与えます。

 

  • ロングヘアーはブラシで梳かす

ロングヘアーの場合は髪を梳かす、または一つに束ねてください。

 

  • 髪は黒に近い色で

基本的には黒に近い色。あとは社風に従いましょう。

 

 

・顔まわり

脂やゴミが付いていないか確認する

男性は顔まわりが脂ぎった状態になりやすいです。しっかりと洗顔し、脂を防ぎましょう。また、「目ヤニ」や「歯磨き粉」など、顔まわりに余計なものが付いていないかも確認してください。

 

  • メイクは濃すぎずに

女性はメイクの濃さに注意してください。マツエクやカラーコンタクトは控えましょう。

 

  • ヒゲの剃り残しを避ける

基本的にヒゲを生やしている場合は、剃り残しがないように、しっかりと手入れをしてください。

 

 

・服装

  • 服が汚れていないか確認する

袖や襟は汚れやすいです。汚れが付いていないか確認してください。また、靴も定期的に磨くようにしましょう。加えて、「ほつれ」や「ボタンの状態」も注意するといいでしょう。

 

  • 服にシワがないか確認

服はできるだけアイロンをかけてシワを防ぎましょう。特に、ズボンの折り目はしっかりとかけておいてください。

 

  • ネクタイの確認

ネクタイはシンプルなデザインを意識し、曲がっていないか確認してください。

 

  • サイズの合ったものを選ぶ

スーツにとってサイズは重要です。ボタンが留められないほどの小さいサイズや、大きくてブカブカのスーツはだらしない印象を与えます。また、季節に合っていないスーツも注意が必要です。

 

  • 露出が多い服は避ける

女性の場合、露出が多い服を着てしまうと、周りの仕事の邪魔になるケースがあります。基本的には肩や膝が隠れる服装を選ぶのが懸命です。

 

 

・装飾品

  • 仕事の邪魔にならないようにする

大きなイヤリングやピアスは、電話応対の際に邪魔になります。できるだけ小さなサイズにした方が無難といえるでしょう。

 

  • 腕時計はビジネス向けのものを

腕時計はカジュアルなものは避け、ビジネス向けものを身に付けましょう。

 

  • 爪を整える

男性の場合は白い部分が見えない程度。女性の場合はきちんと整え、会社のルールに沿った長さにしましょう。また、マニキュアの色も社風に合わせて選択してください。

 

 

・匂い

  • アルコール臭、タバコ臭、汗臭さ、腋臭、口臭に気を付ける

これらの匂いは中々自分で気づけません。常に身内にチェックをしてもらい匂いを防ぎましょう。また、消臭スプレーを使うのも一つの手ですが、オフィス内でやると他人の迷惑となります。

 

  • 香水の付けすぎに注意

職種に寄りますが、飲食店などで香水を付けるのはNGです。その他の仕事の場合も、香水の付けすぎに注意しましょう。また、柔軟剤などの匂いも他人によっては悪臭と見なされる可能性があります。常に身内に付けすぎていないか確認してください。

 

 

 

まとめ

YouTubeの”カジコンチャンネル”にて、本記事とリンクした「ビジネスの基本スキル 身だしなみのマナー」を公開しています。動画では、記事よりも簡潔に要点をまとめています。身だしなみのマナーが理解できているか、動画を見ながら再確認しましょう。

 

「身だしなみがきちんとしている=相手への敬意がある」ということにつながります。基本的な身だしなみは、どの会社も同じなので、まずは基本を抑えておきましょう。その上で、勤めている会社の社風に合わせて、好感の持たれる身だしなみを目指してください。

 

現場力を高めて利益を10%を上げる! 「リバウンドしない」5Sメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事