携帯電話のマナー

無料動画講座

 

 

 

ビジネスにおいて携帯電話やスマートフォンの使用は当たり前の時代となりました。日々活用するアイテムだからこそ、基本的なマナーを覚えておかなければいけません。特に、仕事をする上で、携帯電話やスマートフォンのマナーは重要です。

 

携帯電話やスマートフォンには、常に相手が存在します。プライベートの感覚で利用していると、思わぬ無礼を働いてしまうかもしれません。そこで今回は、携帯電話やスマートフォンの基本的なマナーを解説します。

 

 

 

 

携帯電話やスマートフォンの基本的なマナー

ビジネスの際に利用する携帯電話やスマートフォンの基本的なマナーを解説します。現代では、携帯電話やスマートフォンの利用が一般的になったこともあり、意外にもマナーを守れていない方は多いです。

 

携帯電話を使用する際は、相手や周りへの気遣い、配慮が大切です。

 

まず、仕事内容やお客様の情報の扱いには充分配慮します。その上で周りにも、電話の相手にも迷惑にならない場所から電話します。

 

また、相手の都合への配慮も必要になるため、話したい内容をまとめてから電話するようにしてください。さらに、仕事での電話は非通知ではなく番号通知でかけます。

 

こうしたマナーが守れないと、あなたの価値を下げたり、会社の印象を悪くしたり、トラブルを招くかもしれない、という意識を常に持ってください。携帯電話やスマートフォンのマナーひとつで、あらゆることが評価されてしまいます。

 

 

 

携帯電話やスマートフォンにおけるマナー違反とは?

携帯電話やスマートフォンにおけるマナー違反を解説します。まずは、どんな行為がマナー違反になるのか理解し、実際のビジネスで意識していきましょう。

 

 

・仕事の内容や情報をSNSに載せる

 

SNSに仕事内容や顧客情報を書き込むのはマナー違反です。それが個人携帯・会社携帯、どちらであっても、仕事内容や顧客情報は書き込まないようにしましょう。

 

一部を伏せ字にすれば問題ないと考える方も多いですが、情報を組み合わせるとバレることがあります。社外秘の情報をSNSに流せば、それだけの罰則が待っています。仕事の内容や顧客情報は口外しないように注意してください。

 

 

 

・周りの環境を考えずに通話する

 

ビジネスにおいて、どうしても通話をしなければいけないケースが存在します。ただ、どれだけ重要な通話でも、相手だけでなく周りの環境に配慮しなければいけません。例えば、電車の中や病院などで通話するのはマナー違反です。

 

もし、その姿を取引先の方に見られていた場合、あなたや会社の評価が下がります。どうしても出られない場合は、先にその旨をメッセージで送り、すぐに通話できる場所に移動して折り返してください。

 

 

・通信状況を考えずに通話する

 

通信状況の悪い場所から通話すると、相手に内容が伝わりません。その際、相手側に原因があると勘違いさせてしまうケースもあり、迷惑をかけてしまいます。

 

こうした場合は、「申し訳ありません。電波の入るところからかけなおします」といって、一旦電話を切ってください。その上で、通信状況のいい場所からかけなおしましょう。もちろん、相手が原因のこともあるため、その際は速やかにメッセージなどで伝えてください。

 

 

・相手の都合を考えずに通話する

 

通話する際、自分が伝えたい内容があっても、相手の都合がいいとは限りません。そのため、相手の都合にも配慮して通話をかける必要があります。

 

例えば、取り込み中や忙しい時間帯での通話は避けてください。また以前、つながりにくい時間帯があった場合は、こちらも避けるといいです。そして通話がつながった際には「お時間よろしいですか」と再度相手の都合を伺いましょう。

 

 

・通話する内容をまとめていない

 

通話してから話す内容を考えると、相手の貴重な時間を奪ってしまいます。少なくとも通話するということは、話したい内容があるはずです。

 

通話前には、こうした内容をまとめておくと、スムーズに会話が進みます。箇条書きで構わないので、手元にメモを置きながら通話しましょう。

 

 

 

 

まとめ

https://www.youtube.com/watch?v=B_2H_Yju8Jw

 

YouTubeの”カジコンチャンネル”にて、本記事とリンクした「ビジネスの基本スキルl携帯電話のマナー」を公開しています。ぜひ、本記事と動画を見て、携帯電話の基本的なマナーを覚えましょう。

 

今回は携帯電話のマナーを解説しました。通話は自分だけでなく、相手の時間も使う行為です。この際、基本的なマナーに欠けていると、相手からの信用を失くしてしまいます。自分の信用だけならまだしも、あなたが会社に属している場合、会社全体の信用問題に関わります。そのため、必ず基本的なマナーを理解して、通話をかけるようしてください。

 

現場力を高めて利益を10%を上げる! 「リバウンドしない」5Sメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事