営業効率を高める、売上を上げる!グーグルマイマップの作り方(CSV編)

無料動画講座

Googleマップ マイマップの活用方法 CSVデータをインポートする

 

 

Googleマップの「マイマップ」を利用すれば、売上を上げられることを知っていますか?営業の効率化が進めば、それだけ現場力も向上します。

 

今回は、「マイマップの作り方CSV編」と題して、Googleマップにデータをインポートする方法を解説。本記事を参考に、Googleマップを営業効率化ツールとして利用しましょう。

 

 

Googleのマイマップにインポートする方法

Googleのマイマップは、営業先の住所や行動管理など、自分で作成したデータを地図上に表示し、営業効率を上げるツールとして利用できます。今回は自分で作成したデータをマイマップにインポートする方法を紹介します。

 

 

・CSVファイルを用意する

Googleのマイマップで利用できるデータは、「CSV」「XLSX」「KML」「GPX」の4種類です。

 

まず、情報を入力したCSVファイルを用意してください。1行目には「項目名」を入力し、最低でも2列の情報を用意しておきましょう。

 

 

・CSVファイルをインポートする手順

  1. 1.Googleマップを起動し「メニュー」をクリック

2.メニューから「マイプレイス」をクリック

3.「地図を作成」をクリック

4.無題の地図が表示されたら「インポート」をクリック

5.ファイル選択画面で「デバイスのファイルを選択」をクリック

6.保存しているファイルを選択し「開く」をクリック

7.「目印を配置する列の選択」画面で使用する項目にチェックを入れて「続行ボタン」をクリック

8.マーカーのタイトルにする項目を選択して「完了ボタン」をクリック

9.インポート完了

 

まず、Googleマップを起動し、画面左上にある「メニュー」をクリックしてください。次に、表示されたメニューから「マイプレイス」をクリックし、「地図を作成」を選択します。すると、「無題の地図」が表示されるので、インポートをクリックしましょう。

 

インポートするファイルの選択画面が表示されたら、「デバイスのファイルを選択」をクリック。保存しているファイルを選択し、開くボタンをクリックすると、ファイルがアップロードされ、「目印を配置する列の選択」画面が表示されます。

 

CSVファイルの1行目に入力した項目名が表示されるので、使用する項目にチェックを入れて「続行ボタン」をクリックしてください。

 

次に、マーカーのタイトルとして使用する列を選択する画面が表示されます。

 

ここでは、マーカーのタイトルにする項目を選択して完了ボタンをクリックします。すると地図上にCSVファイルの情報がマーカーされ、マーカーのタイトルとして選択した会社名が表示されます。

 

以上でCSVファイルのインポートは完了です。手順を間違えないように注意しながらインポートを進めてください。

 

 

まとめ

YouTubeの”カジコンチャンネル”にて本記事とリンクした「営業効率を高める、売上を上げる!グーグルマイマップの作り方(CSV編)」を公開しています。こちらでは、画像を元に解説しているため、よりわかりやすい内容に仕上がっています。ぜひご覧ください。

 

グーグルマイマップは、営業効率を高めるために必要不可欠です。CSVをインポートする方法を理解して、少しでも売上を上げてください。

 

現場力を高めて利益を10%を上げる! 「リバウンドしない」5Sメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事