収益が上がるとっておきの方法

 収益が上がるとっておきの方法

今回は、

私がこちらのHPを

はじめた理由をお伝えします。

 

 

 

この記事の目的は

2つあります。

 

 

 

1つ目はこれまで出会った

クライアント様への

恩返しです。

 

 

 

コンサルタントになって、

9年。
 

 

 

私、一人の力だけでは

コンサルタントとして

生きていくことは

難しかったです。
 

 

 

良いクライアント様に出会い

そこで鍛えていただいた

からこそ、今の自分があります。

 

 


これまでさまざまな現場で

学んだことをまとめ、

発信することで、

クライアント様へ

恩返しができるのではないかと

思っています。

 

 

 

2つ目は、

より多くの日本の中小企業を

元気にしたいからです。
 

 

 

収益向上のプロジェクトでは
 

ほとんどの場合、

2Sもしくは5Sが
 

テーマに含まれていることが

多いです。
 

 

 

2S、5Sの部分を、

社内で推進できれば、

企業の収益はもっと早く

上がるのにと思うことが

しばしばです。
 

 

 

そのためには、

新入社員から

社長に至るまで、

2S、5Sの大切さや、

やり方を共有できる

仕組みが必要だと思いました。

 

 

 

この記事を通じて、

日本の中小企業の

現場力の底上げになればと

思っています。

 

 

 

「最近の社員は」と嘆く前に、S、5S活動に投資しましょう!

なぜ2S5S

オススメするのか、

その理由について

お話ししていきます。

 

 

 


バブル崩壊前までの

日本の企業は、

「会社の利益増=

従業員の給与増」

という構図が

成立していました。

 

 

 

 

そのため、

「会社のためにがんばれ」

という言葉は、

「自分のためにがんばれ」
 

と同義語と

認識されていたと

思います。

 

 

 

 

そのため、

自主的に就業時間前に

出勤して、
 

 

 

掃除をするなど、

決められた仕事

以上のことを

 

 

お金が出なくても、

進んで行ってきたのだと

考えています。

 

 

 

しかし、

バブル不況後の失われた

20年という期間の間に、

「会社の利益増=

従業員の給与増」

という構図が

成り立たなくなりました。

 

 

 

 

そのため、

お金の出ない仕事は

やらないという意見を

言う社員もいます。

 

 

 

 

このことを

「最近の社員は」

嘆く経営者もいますが、
 

 

 

 

人員削減、給与カット、

派遣社員の活用など、

 

 

 


経営側が行ってきたことの

副作用であり、

従業員は

環境適応しただけのこと

だと思います。

 

 

 

 

S、5Sを行うときの

前提として、

S、5S活動に
 

お金を払い、

仕事にすることが必要です。

 

 


仕事にすることで、

業務命令として

指示できるのです。

 

 

 

 

目先の費用ではなく、

S、5Sの活動時間は、

費用ではなく、
 

投資なのです。

 

 

 

続ければ、

必ず収益は向上するのですから。

現場力を高めて利益を10%を上げる! 「リバウンドしない」5Sメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事