5Sの前にすべきこと

改善は5Sを行なってから行うのが定石です。

しかし、それだけではうまくいきません。

 

実は5Sを行う前にすべきことが、1つ隠れているのです。
それは、「職場のルールの見直し」「徹底」です。

 

5Sも改善も、現在の職場の状態や作業のやり方を変え、ルール化し、

それを守っていく活動です。

そもそもルールに対してルーズな職場だと、

いくら改善をしても一時的な改善で終わってしまいます。

まずは、今ある職場のルールの徹底を行なっていく活動が必要です。

 

職場には就業ルール、朝礼のルール、喫煙ルールなど、さまざまなルールがあり、

コンサルティングの際はそれらを確認するようにしています。

もし、守られていないようであれば、5Sと同時並行で職場のルールを見直し、

徹底をはかるようにしています。

 

職場のルールの見直し、徹底は簡単なことではありません。

このようなシンプルなことほど、徹底するのは難しく

社長、管理職の覚悟と執着が試されます。

 

ある時、I社の朝礼に参加していると、1割の社員が遅れて来ました。

朝礼は、全員参加のきまりになっていました。

機械の暖機、遅刻など、理由はさまざまあるにしろ、

きまりが守られていませんでした。

その結果、全員に連絡事項が伝わらず、

再度連絡するなどのムダや連絡漏れによるトラブルが発生していました。

 

職場のルールを確認していくと、喫煙場所が守られていなかったり、

休憩時間を過ぎて職場に戻ってくる者がいるなど、

現場にはルールというものが存在していないように見えました。

 

この事態を重く見た私は、社長、管理職と相談の上、職場ルールの見直しを行い、

徹底をはかっていきました。

休憩時間や昼休みに職場を見まわり、指定されていない箇所での喫煙は注意し、

徹底的にルールの定着を行ないました。

 

そんなあるとき、スキルのあるベテラン社員が、

指定されていない場所で喫煙していることが判明しました。

社長と私はルールを遵守するように注意したところ、

 

ベテラン社員は

「煙草が自由に吸えないならやめてやる。オレがいなくなったら工場が回るのか」

と発言しました。

 

基本的なルールが守れないと、他の改善も定着しないと社長に提言したところ、

たった一人のために会社の改善をやめるわけにはいかないと社長が判断し、

ベテラン社員には辞めていただきました。

当初の1ヶ月は現場の混乱はありましたが、その後業務はスムーズに進みました。

 

 

現場改善を行っていると、特定の人の意見が通るような場面によく出会います。

お互いが誤解していることもあり、よく話し合うことが必要ですが、それでも会社の方針を理解してもらえないようであれば、やめてもらうような決断も重要です。

 

たった一人のわがままが通る会社では、改善はできません
5S、改善を始める前に、既存ルールを見直しましょう。

 

5s すべきこと

 

 

 

コンサルタントが現場で使っている5Sの道具集プレゼント

 

いま、メルマガにご登録いただくと、

「コンサルタントが現場で使っている5Sの道具集」をプレゼントいたします!

 

コンサルタントが実際に現場で使用している5Sの道具を
使い方とともに紹介しています。

今すぐ手に入れて、リバウンドしない現場作りに役立ててください!

 

↓メルマガの登録は下記の登録ボックスからお願いいたします↓

現場力を高めて利益を10%を上げる! 「リバウンドしない」5Sメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事