「整理」の宿敵「もったいなお化け」を撃退せよ

整理とは

「必要なモノと不要なモノを分け」、「不要なモノを廃棄する」ことです。

徹底的に捨てるのがポイントです。

 

でも、実行するのは容易ではありません。

なぜなら、「もったいないお化け」が必ず出てくるから。

今回は、その撃退法を解説します。

 

 

  • 1.  一時保管置き場を設置

 

「もったいないお化け」撃退法の1つ目は、「一時保管置き場の設置」です。

 

整理が進まない時は、人とモノの物理的な距離を離してみましょう。

倉庫の一画に一時保管置き場を作り、廃棄に迷うモノは、そこへ持っていきます。

職場からすぐに使わないモノを、とにかく排除していくのです。

そして、一定期間が経過したら、廃棄するか、否かの判断を行います。

 

不思議なもので、人とモノの物理的な距離を離すと、不要と判断する確率が高まります。

また、必要なモノは、いつの間にか職場に戻ってきます。

 

このように進めると、不要なモノを比較的スムーズに廃棄できます。

 

 

 

2.「他人のモノはゴミ」作戦

 

「もったいないお化け」撃退法の2つ目は、「他人のモノはゴミ作戦」です。

 

職場で使っているうちに、モノに愛着がわき、捨てにくくなることもあります。

そのような場合は、他の職場の人にも2S活動に加わってもらいましょう。

 

他人のモノはゴミに見えるものです。

よその職場のモノも、同様でしょう。

他職場の人から、「不要では?」「なぜ、必要なの?」と問いかけてもらうのです。

 

そうすることで、背中を押され、廃棄することができます。

 

2S活動おけるコンサルタントの役目は、そのようなものだと思っています。

 

 

3.具体的に問う

 

「もったいないお化け」撃退法の3つ目は、「具体的に問う」です。

 

もし、必要かな? と思ったら……。

「最近、いつ使ったのか?」

「どれくらいの頻度で使ったか?」

「なかった場合、どうなるか?」

このように、使用する場面を具体的に思い出してみましょう。

 

そうやって自問自答してみると、本当に必要なモノかどうかが見えてきます。

 

現場力を高めて利益を10%を上げる! 「リバウンドしない」5Sメール講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事